私の周りには、個性的な人が多いのですが、根本的に私が変わっているのでそういう人を引き寄せるのだと思います(笑)

つい先日も、この人には頭が上がらないな・・・というほどの、面白いことをしている個性的な方との出会いがありました。
普段、ブログはあまり書かないのですが、心の声が何度も「書くといいよ・・」と言っている気がしたので(笑)ブログに書かせていただきます(笑)

以下、その人=Fさんと書く事にします。

Fさんは、小学校の頃から「サッカー」と「雑誌」が大好きでした。
サッカーのクラブ活動をしながら、帰宅後、色々な雑誌を読みふけるという生活を過ごしていました。
この時代から、サッカーと雑誌がコラボしていたら、面白いだろうなと想像し、イメージしていたそうです。

時を経てFさんは社会人になり、会社勤めを10年経てフリーランスとして独立します。

一人暮らしで定収入のないフリーランスの仕事をしながら、サッカー情報誌の執筆を始めます。
そして、とても素敵な内容でありながら、印刷費30万円を捻出し毎号3000部を無償で配布されているとのこと。。。

数年前は、本当に貧乏な生活で、家にある小麦粉を水に溶いて焼いた物を食べて過ごしていたそうです。
そして、時々、お金ができたら高野豆腐を買って食べたそうです。

冷房もないアパートで、食べるものがないとき、とりわけ寒い日や暑い日は、何もやる気が起きず、一日中ぼーっとしている日が続いたり、
その雑誌の4号を出してから、5号ができるまでに5年もかかってしまったそうです。

そして、なぜ無償で配布し続けるのか。。。
「小学生の頃、転校する友達に絵を描いて渡していたあの気持ちを忘れたくないからです」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。(絶句)

私はこの事実を知って、Fさんのように自腹を切ってでも、自分が大切にしたいほどの、
好きなことがあるのだろうか。。。
いや、一部無償でちょこちょこやっている事はあるのですが、Fさんを前にしては、ただのお遊び程度。。。><
比較対象にもならないのですが、実際、Fさんは周りからとても好かれる人のようで、
そして、誰もが協力したくなるような好感度を兼ね備えた存在感の人。
私もやり取りをしているだけで、心が真っ直ぐになれるような感触を受けます。

そこには、好きな物を大切にあたため続け、そして周囲に損得勘定なしに与え、
食事を削ってまで行動に移し続ける覚悟という見えないパワーが隠されていたのです。

毎日の生活や立場上、やりたい事があってもとてもここまで実行に移すことは難しいですよね。
私自身、ここまで出来なくても何か見返りを求めることなく、周囲に与えられる何かを
改めて探ってみたくなりました^^

ご本人に了承を得られましたら、いつかこちらで実際にその雑誌を紹介させていただきたいと思います。

 

Facebookページ

イベント情報

イベントは只今準備中です。